スマートフォン

次期Android OSはあの便利ツール「Googleレンズ」が進化するぞ!

 

Androidスマートフォンを使っている人なら、すでに利用したことがあるかもしれない便利なアプリがあります。

それが「Googleレンズ」です。

まだ使ったことがない人は今すぐGoogle Playへアクセスして、インストールしましょう。

すでにAndroidスマートフォンを使っているけど、Googleレンズがインストールできないモデルを利用されている人は、新しいモデルへの買い換えを検討しましょう。

わざわざ買い換える必要はないだろうと思ってしまうかもしれませんが、そこまでしても使った方がいいといえるアプリです。

この便利すぎるGoogleレンズが新たなる連携機能を搭載し、アップデートして帰ってくるというのです。それを聞いただけでも、ちょっとワクワクしてしまいますよね。

Googleレンズがどのような進化をして帰ってくるのか、ちょっとチェックしておきましょう。

Googleレンズを知らない人へ

 

「ドラマで見かけたバッグ」とか、街中で見かけた「かわいい花」など、いろいろ知りたいことはたくさんあっても、検索する際にその名称がわからないと調べることができません。

「見たものを検索できたら便利なのに」という思いを、現実化させたのがGoogleレンズです。

Googleレンズは起動するとカメラが起動し、そのカメラで捉えたものをインターネットで検索してくれるというアプリです。検索した結果は、検索対象と完全に一致するモノと、似たようなモノを結果として表示してくれるようになっています。

例えば、好きな俳優や女優が身につけている時計やバッグをGoogleレンズで調べれば、その時計やバッグのメーカーから、販売価格、どのサイトで購入できるのかなど、欲しい情報がいっぺんに手に入ります。

私も実際に家電量販店の店頭で、当時Googleから登場したGoogle Pixel3のデモでGoogleレンズを使ってみました。その時、かわいいワンちゃんの写真をGoogleレンズで調べて見たのですが、写真はどこからどう見ても「トイプードル」にしか見えません。

ですがGoogleレンズでは「ラブラドゥードル」という結果となっています。そんな犬種あるのかと思いながら結果を見ていくと、ラブラドゥードルはプードルとレトリバーのミックスであることがわかりました。この衝撃的な体験は、いつか絶対にAndroidスマートフォンを買って、Googleレンズを使うぞという意気込みに変わりました。

このようにカメラを使った検索を可能にしたGoogleレンズは、いったいどのような進化を遂げるのでしょうか。

進化するGoogleレンズ

Googleレンズの進化について、Googleが主催する開発者向けカンファレンス「Google I/O 2019」の中で、デモも交えて次のような内容が発表されたのです。

人気メニューを教えてくれる

例えばレストランに入ってメニューを見ながら食べたいものを選んでいるとき、そのレストランで人気のメニューとかが知りたくなりますよね。そしてその人気メニューの評価も気になったりしませんか。

それを調べたいとき、Googleレンズでメニューを写すだけで、その店で人気のメニューがハイライトされるようになります。さらにその料理のイメージや他の人の評価などを、同時に表示させることができるようになるのです。もちろん、自分が食べたいメニューをタップするだけで、同じようにイメージと評価を見ることができます。

さらにGoogleレンズは、支払いの時もこんな感じで利用できるようになります。

レシートを写せばチップや割り勘の金額も

食事も終わり、支払いの際に海外ならチップが必要になりますが、その金額もGoogleレンズでレシートを写せば、合計金額からおおよその金額を算出してくれます。割り勘での支払いの場合も、Googleレンズなら、一人辺りいくらになるのかもあっという間に計算してくれるのです。

計算機アプリを起動して、合計金額を人数分で割って、一人辺りの金額を出すという手間がなくなりますね。

料理レシピから作り方を動画で

これは料理本を出版している企業とのコラボとなると思いますが、レシピをGoogleレンズで写し出せば、その作り方を動画で見ることができるようになります。

これなら作り方を知っていても、そのやり方があっているかわからないとき、検索して見つけるまでの時間を無駄にすることがありません。

文字もしっかり認識

海外旅行へいったとき、現地にあるさまざまな看板や注意書きがあっても、ちゃんと認識ができないと危険ですよね。

そんな時もGoogleレンズが、超絶役に立ってくれます。

例えば、Googleレンズで注意書きされている貼り紙を写せば、音声で読み上げることもできるし、自分のわかる言語に翻訳することさえできるので、その注意書きが読めず失敗することもなくなります。

これらはすべてアプリ間の連携で可能に

Googleレンズってすごいという感じが伝わってきたと思いますが、これはすべてをGoogleレンズひとつだけで実践しているわけではありません。

文字を認識するGoogle翻訳、その場所の情報はGoogleマップなど、他のアプリとの連携があるからこそ実現できているのです。

Googleが提供しているアプリは、単体でも使い勝手の良い便利なアプリなのですが、それらが連携することで思ってもいなかった相乗効果を生み出すことが、Googleレンズの進化からわかりました。

このように進化を遂げるAndroidスマートフォンを利用し続けられるように、新しいモデルへの買い換えを検討して驚くような便利さをどんどん体験していきましょう。