格安SIM

iPhoneで格安SIMを利用しているけどApple Watchって使えるの?

 

iPhoneを使っている人なら一度は「使ってみようかな」と悩んだことがあるのがApple Watchではないでしょうか?

高橋
高橋
でも、Apple Watchって格安SIMを使ったiPhoneでも利用できるのか?新しく発売されたApple Watch Series4が使いたくなってしまったのでちょっと調べてみることにしました。

そもそも、Apple Watchとは?

「Apple Watch」はAppleが発売しているスマートウォッチで、iPhoneに届いたメールやメッセージ、インストールしているLINEやTwitterなどの通知をしてくれる便利なガジェットです。

iPhoneが着信した場合もApple Watchも着信を知らせてくれるので、電話がかかってきたことに気が付かないということはまずなくなります。

他にもスポーツでランニングした距離を確認したり、万歩計になったり、マップを使った道案内はiPhoneの画面を見なくてもApple Watchの振動回数で、左右のどちらに曲がるかを教えてくれるようになっています。

高橋
高橋
これは両手に荷物を持った場合などに非常に助かる機能です。

健康面や精神面をサポートしてくれる心拍数計測や、深呼吸など本当にいたせりつくせりとなっています。

Apple Watchを手に入れたら絶対に使ってみたいのがApple Payで、コンビニや自販機での決済や改札を通る時のSuicaなど、iPhoneだけでも十分だと思ってしまいそうですが、更にiPhoneを進化させるApple Watchは本当に使ってみたい機能が盛りだくさんとなっています。

このApple WatchにはセルラーモデルとGPSモデルの2種類が発売されていて、この2つの違いは携帯電話の通信網を利用したデータ通信が「できる」か「できない」かの違いだけです。

いよいよ本題!格安SIMでApple Watchは利用できますか?

 

ここ近年で勢いよく成長している格安SIMサービスでも、iPhoneを発売している事業者やSIMカードを利用している人も増えてきています。

格安SIMサービスを利用したiPhoneでもApple Watchが利用できるのか調べてみると、iPhoneとBluetooth接続が確立している状態であれば、メールやメッセージの通知、マップとの連動機能や電話の発着信、LINEやTwitterの通知までしてくれます。

これらの機能はApple WatchのセルラーモデルでもGPSモデルでも利用することが可能です。しかし、次の機能は格安SIMサービスを使っている場合は利用することができません。

格安SIMサービスでは利用できないセルラーモデルの一部機能

 

前述した通り格安SIMサービスを利用していても、Apple Watchを使える事がわかりました。

ただしセルラーモデルにしかできない「携帯電話の通信網を利用した電話の発着信やデータ通信機能」は、格安SIMサービスでは残念ながら利用することができません。

格安SIMサービスも携帯電話の通信網を利用しているので、Apple Watchでも利用できそうに思ってしまいそうですが、携帯電話の通信網を利用する時に必要不可欠なSIMカードがApple Watchには挿入する事ができません。

Apple WatchにはSIMカードに変わるeSIMと呼ばれるICチップが搭載されていて、このeSIMを携帯電話会社が遠隔で操作して、携帯電話に挿入しているSIMカードと同じ役割をもたせているのです。

少なくとも昨年2018年の段階ではこの遠隔操作ができるのは携帯電話会社だけなので、格安SIMサービスでは利用することができませんでした。

今後、Apple WatchにSIMカードが挿入できるモデルが登場するか、格安SIM事業者でもeSIMへの遠隔操作が可能になるかしない限り、格安SIMを利用した状態ではセルラー機能は使えないでしょう。

高橋
高橋
ごく一部の格安SIM事業者でもeSIMの取扱ができるようになりましたが、まだまだ正式なサービスとして提供している状況ではないようです。

また別の問題があってApple WatchのeSIM規格が一般に公開されていないため、格安SIM事業者でApple Watchが利用できるようになるには、まだまだ乗り越えないといけない壁と時間がかかりそうです。

結論!Apple Watchは格安SIM事業者でも利用できる!

 

これまで調べてきた結果を踏まえると、格安SIM事業者を利用していてもApple Watchは利用できますが、セルラーモデルとしての機能を利用することができないことがわかりました。

そうなると自然とApple Watchを購入する場合は、セルラーモデルではなくGPSモデルとなります。

高橋
高橋
GPSモデルはセルラーモデルと比べても価格は抑えられているし、別途通信費がかかることもありません。しかもApple Payを使った決済は問題なく利用できるので、お手頃感は満点かもしれませんね。

格安SIMだからApple Watchは使えないと諦めていた人は、どのモデルを購入すればよいかわかったと思いますので、しっかりApple Storeで最新モデルのApple Watch Series4をゲットして、一歩先にいったiPhoneライフを楽しみましょう!

GPSモデルの詳細はこちら↓

AppleWatch Series4(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥44,053から
(2019/8/15 04:28時点)

Apple Watchの40㎜と44㎜の違いは?

Apple Watchの画面の大きさの違いになります。

44㎜の方が若干大きいと思っていいでしょう。まあmm単位の話なのでそこまで気にする必要はないとは思います。